ドローン情報基盤システム2.0
各種手続きのお申し込み

無人航空機(ドローン、ラジコン機等)を飛行させるためには、法令に基づいた各種手続きが必要です。当サイトより、DIPS2.0の手続きを行政書士のサポートのもと、簡単に行うことが可能です。

初回無料相談実施中

DIPS2.0(ドローン情報基盤システム2.0)とは

DIPS2.0(ドローン情報基盤システム2.0)は、無人航空機の各種手続きをオンラインで実現可能とするシステムです。

2022年12月に発足した技能証明や機体認証等の新制度開始に向けた新しいシステムと、従来個別のシステムだった機体登録や飛行許可申請等を1つに統合し、次期システム「ドローン情報基盤システム2.0」としてリリースされました。

DIPS2.0で出来ること

DIPS2.0では、手続きの代表格である機体登録・飛行許可申請に報告系や認証系の新システムが加わり一体的な仕組みとなりました。

また、事業者向けの手続きも追加され国家資格制度への申請も当システムで行えます。

飛行・機体に関する手続き

  • 無人航空機の登録申請
  • 飛行許可・承認申請
  • 飛行計画の通報・確認
  • 事故等の報告
  • 機体認証、技能証明の取得申請

事業者向けの手続き

  • 登録講習機関申請
  • 登録検査機関申請
  • 型式認証申請

手続きをスムーズに行うために

基本的に各手続きはDIPS2.0上からご自身でも行うことが可能ですが、使いづらい点もあり難しさや不便さを感じることもあるかと思います。

企業・個人いずれの場合でも当サイトから手続き代行が可能です。

当サービスについて

当サービスは、DIPS2.0の手続きの煩わしさを軽減するために、無人航空機技能証明取得のためのラーニングプラットフォームを提供する「株式会社CoCoPA」とドローン関連日本トップクラスの法務実績を誇る「バウンダリ行政書士法人」が提供する申請手続き代行サービスです。

よくあるご相談内容

当サービスは、前述した煩雑なDIPS2.0上での手続きを短時間、かつ間違いなく遂行するためのサービスです。

現在最もご依頼の多いサービスとして、「機体認証、技能証明の取得申請」があります。その中でも技能証明は、学科講習、実技講習、CBT試験、身体検査などの各ステップを除いて、19ステップ(スライドの黄色部)もの手続きが必要になります。

これらの諸手続きとドローンスクールでの各種講習、テストを合わせると平均して3~4か月の取得時間を要します。

我々はこの技能証明の取得をゼロからサポートし、最短かつ最も効率的に取得する方法をサポートしております。

運営会社について

株式会社CoCoPA

無人航空機技能証明の新制度に完全対応したeラーニングプラットフォームを各登録講習機関に提供しています。また、ドローンの導入を検討する企業向けに、技能研修e-learning、操作・運用・メンテナンスマニュアル、整備チェックシートといった様々なコンテンツをご提供しています。

www.d-cocopa.co.jp

バウンダリ行政書士法人

ドローンの許認可に精通しており、毎年3000件以上の飛行許可申請の相談、申請やコンプライアンスチェックを行っています。ドローンに関するあらゆる手続きに精通している行政書士法人です。

boundary.or.jp